大西の政治信条

私、大西恒樹が最も大事にすること、それは「一人一人の心の自由」です。それさえ保てれば、どんな困難な状況でも、人は誇りを持って生き、自由なまま死ねると考えています。そのために人は生まれて来たと、大西は本気で考えているのです。しかし残念ながら、今の社会のフェアでない状況がその自由を奪います。力関係で相手を屈服させ、その自由を奪うことが横行するからです。その力の一番の源泉となっているのは、現代のお金です。ですから、大西は戦うのです。そのアンフェアを正すために。私が最も好きな言葉、それは映画『インヴィクタス』でも有名になったアーネスト・ヘンリーの詩「Invictus」の中にあります。最後の二行です。これを守るために、私は政治をやっています。世界中の全ての人の心の自由のために。

Invictus
by William Ernest Henley

Out of the night that covers me,
Black as the pit from pole to pole,
I thank whatever gods may be
For my unconquerable soul.

私を覆う夜の闇、
地中深くに掘られた穴のように暗い闇の中で
私はどんな神だろうが感謝する
この屈服せざる魂を私に与え給うたことに

In the fell clutch of circumstance
I have not winced nor cried aloud.
Under the bludgeonings of chance
My head is bloody, but unbowed.

恐ろしい危機的状況の中でも
私はたじろぎも泣き喚きもしない
運命のこん棒に殴られ続けて
頭が血まみれでも、下げはしない

Beyond this place of wrath and tears
Looms but the Horror of the shade,
And yet the menace of the years
Finds and shall find me unafraid.

たとえ怒りと悲しみの果てに
死の恐怖が迫っているだけだとしても
何年もの脅しに晒されようと
私は恐れていないし、これからも恐れない

It matters not how strait the gate,
How charged with punishments the scroll,
I am the master of my fate,
I am the captain of my soul.

いかに狭き門だろうが、
いかなる裁きの法が待っていようが関係ない
私は自らの運命の支配者であり
私は自らの魂の指揮官である

プロフィール

Home

大西恒樹(おおにしつねき)

1964年2月29日生まれ
東京都荒川区南千住に生まれる。
1976年、荒川区立第三瑞光小学校卒業。
同年、私立巣鴨学園中学校入学。軟式テニス部、剣道初段、柔道初段。
1982年、私立巣鴨高等学校卒業。
同年、上智大学外国語学部英語学科入学。硬式テニス同好会SLTA。
1984-85年、奨学金にてシアトル大学留学政治理論専攻。
1986年、上智大学外国語学部英語学科卒業。
同年、J.P.モルガン銀行入行、為替資金部/為替ディーラー
1991年、結婚。
同年、バンカース・トラスト銀行入行。為替、債券、株式先物トレーディング。

1993年、長女誕生。
1994年、長男誕生。
1996年、銀行退職。株式会社インフォマニア設立、同代表取締役。
1997年、二男誕生。
2004年、ピッツェリア・マルターノを横浜市青葉区あざみ野南にオープン。
2006年、マルターノ藤が丘店をオープン。
2009年、マルターノ藤が丘店を閉店。
2011-12年、震災復興のお手伝いで石巻を30往復。
2011年、政治団体「日本一丸」設立、同代表。
2015年、政治団体の名称を「フェア党」に変更。
2016年、横浜市青葉区・緑区で街頭活動を開始←今、ココ。

大西の現状認識

大西は今、我々が地球規模の転換期を迎えていると考えています。世界中で何十年も続けて来た金融、経済の仕組み、それがもう限界を迎えているのです。それが各国内のみならず、国家間でも看過し難い格差と分断を生み、多くの人の時間、余裕、幸せを奪い、地球環境を傷つけ、未来の子ども達の可能性と持続性を削っている。このことは、元国際金融ディーラーの大西の目から見て、特に明らかです。世界的な株安、低金利、中央銀行の迷走、これらは全て、今までの持続不可能な金融システム、すなわち、借金でお金を発行する仕組みの末期症状です。お金が時間と共に増える仕組み、つまり金利という概念の臨終を我々は目撃しているのです。それがももたらす弊害に、世界中の人が「NO!」の声を上げ始めているのです。時は満ちています。今こそ、地球的規模の変革が起こる時が。そしてその時に、日本が果たす役割が重要だと大西は考えています。日本だからこそ、世界一の対外資産を持ち、世界中に貸している債権国だからこそできる政策があるのです。外から借りていないからこそ、世界の誰にも迷惑をかけずに、独自の金融政策を実行することができるのです。大西はそれをフェア党の政策として主張し、その実行のために政治をやっています。それを日本でやれば、世界を変えることになる。そして、それが世界中の人たちの心の自由を取り戻す方法だと考えています。

大西はどう戦おうとしているか?

大西が自分の政治信条に従って今の金融、経済の仕組みを根本から変えるには、とても大きな力が必要です。たった一人の国会議員として政界に入ったところで、とても実現できるようなことではありません。しかし、民主主義では数が力になります。たくさんの人がそれを求め、その声を代表する議員が過半数を占めれば実現できるのです。ですから大西は、それを集めるための旗を立てました。全ての政策の基となる、普遍的で誰でも理解できる社会の設計思想を、7ヶ条の理念に記して掲げたのです。同時にそれを実現するための具体的かる革新的な政策も用意し、その賛同を集める受け皿としてフェア党を立ち上げました。このフェア党は言わば船です。行き先を明確に示した旗を掲げ、そこに至るための羅針盤を備え、後はたくさんの人の乗船を待つだけの。しかし、たくさんの人をそれに乗せるには時間がかかります。誰もそんな船は見たことも聞いたこともないでしょうし、警戒もするからです。そこで大西は戦略を練りました。どうやったらそのプロセスを早め、賛同する多くの人を短期間で集めるか。

結論としては、やはりマスコミに露出して目立つしかないということです。しかし、本質を外れた目立ち方ではダメです。あくまでも本質本流、理念と政策に注目が集まる形で目立つこと。それにはやはり選挙です。選挙に勝てば、このフェア党の旗を掲げた国会議員が一人でも出れば、注目を集めます。ただし、単に勝つだけではダメです。もっと目立たないと。それには、盤石と言われる強い候補者を破り、世間をあっと言わせること。それにふさわしい衆議院小選挙区を選び、フェア党の旗を掲げ、理念と政策を徹底的に説くのです。そして、それにたくさんの賛同を集めるという当たり前で真っ当な方法で党勢を伸ばし、その強い候補者を破る。そうすれば、その何もないところから忽然と現れた政党と政治家に注目が集まり、その理念と政策に注目が集まります。そんなに上手く行くかどうかは勿論わかりません。しかし、この当たり前の方法でしか、現状を突破する方法はないのです。何故なら、今の政界に一番欠けているのは、その明確な理念の旗だからです。それがないためにバラバラである野党を、いくら無理矢理くっつけても、そこで出来上がる理念も政策も妥協の産物でしかありません。ですから、純粋にその理念と政策を貫き続ける。自分が信じる真実を伝え続ける。そうすれば必ず伝わる。その信念の下に大西は現在、フェア党の地元、横浜市青葉区と緑区で毎日街頭演説を行い、真実の言葉を投げかけ続けています。それで一人でも心を動かす人がいれば、仮に選挙で勝てなくても、すでに世界を変え始めているのだと信じて。。

大西から皆さんへのお願い

日本から世界を変えるプロセスを少しでも早めるために、大西から皆さんにお願いしたいことがあります。それは一刻も早く、一緒に行動して欲しいということ。もうあまり時間がありません。こうしている間にもたくさんの人たちが苦しんでいます。インターネットやSNSの普及によって、それが早まるという錯覚もありますが、実際の変化は、情報をシェアしたり拡散するよりも遥かに手間のかかる作業です。それを実際に起こすには、私はリアルに人が集まって顔を合わせ、お互いのバイブレーションを感じながら恊働作業をし、具体的で手の届く(例えばそれは、特定の小選挙区で特定の政党の候補者を勝たせるなどの)ゴールに向かって動く、そしてその動きを公衆の面前で見せるというのは非常に重要だと考えています。デモなどもその一つの方法ですが、残念ながら今のデモは具体性と戦略が今一つ曖昧です。野党共闘を促すデモをやっても、当の野党が動かなければアウトサイダーが騒いでいるだけで終わってしまうからです。そうではなく、それぞれがインサイダー(実際の当事者)として動く、しかもそれを、極めてローテクでオールドスクール(古典的)な方法で行うことが重要だと考えています。ですから、地元横浜市青葉区と緑区における一点突破で、具体的な目標を掲げて活動を始めたのです。大西からのお願いは、この明確で具体的な活動に、多くの人に参加して欲しいということです。横浜市青葉区と緑区で、大西は毎日街頭演説をしています。一緒に街頭に姿を現し、チラシを配り、何かが始まったことを伝えて欲しいのです。それだけで世界が変わり始めます。それで人々が気づき始め、その人たちの中から何かが変わり始めれば、あとはもうすぐなのです。ちなみに、そのプロセスがいかに起こるかということを説明した、とても面白い動画があるのでご紹介します。有名なTEDでのスピーチです。もし大西に力を貸してやろうと思われた方は、お気軽にメールでご連絡ください。遠方からでも参加できるように、前の晩から泊まれる拠点も用意しております。是非、一緒に踊りだしてください。以上、大西からのお願いです。

動画シリーズ

大西恒樹がこれまでに制作、出演した動画です。特にわかりやすい入門編として、最近出演したCGS動画をお勧めします。CGSの第42回から56回の15回シリーズです。もしお時間があれば他の動画も是非ご覧ください。街頭活動の様子もオフショットも交え、毎週更新しております。

大西つねきの政策は全てフェア党ホームページに書かれています。詳しくは是非そちらをご覧ください。

次回衆議院選、神奈川8区のフェア党公認候補予定者に大西つねきが決定!!

 

お問い合わせ

以下のフォームからご送信ください。全てのお問い合わせにお返事できない場合もございますが、悪しからずご了承ください。

事務所のご案内

〒225-0012 神奈川県横浜市青葉区あざみ野南2-6-16
フェア党大西つねき事務所 TEL 045-914-5304 FAX 045-914-5404