top of page

5/5 代官山で犬式ライブ&つねき、洋平対談 オンライン配信あり



あの三宅洋平率いる犬式が13年ぶりのアルバム「動物宣言」をリリースしてから約2年、新たにニューアルバム「新夷の風」をひっさげて代官山の「晴れたら空に豆まいて」でリリースライブを行います。

犬式は1997年のフジロックフェスティバルで、三宅洋平と元クラッシュのジョー・ストラマーとの出会いきっかけでメンバー四人が集結、2000年にDogggystileとして活動を始めたレベル(rebel:反逆者)バンド。メンバーは三宅洋平(v,g)、三根星太郎(g)、石黒祥司(b)、柿沼和成(d)。

2009年に一旦無期限活動休止を発表。その後三宅洋平が2013年と2016年に参議院選挙に出馬、選挙フェスとして一世を風靡し、社会的、政治的なアイコンとして広く世に知られることとなる。その後、2017年に活動を再開、2022年に13年ぶりとなるアルバム「動物宣言」をドロップ。休止期間のあらゆる体験を血肉とし、改めて「音楽人」として生きることを決めた三宅洋平から湧き出る言葉は、より深く、宇宙の真理にまで向けられている。

そして、前回のアルバム「動物宣言」リリースから2年、さらにその言葉に磨きをかけた形でニューアルバム「新夷の風」をリリースし、その言霊、音霊を代官山から宇宙に響かせるライブを行う。

ライブ後には、三宅洋平と親交のある大西つねきとの対談のおまけつき。日本で最もアルバム「動物宣言」を売ったとされるつねきが、洋平の音楽活動やニューアルバムについて掘り下げる。

チケットは前売り4,500円、当日5,000円、オンライン2,500円。


現地参加者は全員オンラインでも視聴可能、アーカイブは5月末まで視聴可能。

チケット予約はこちらから




コメント


bottom of page