top of page

資本主義から卒業

更新日:2023年8月26日

 はっきり言いますが、資本主義はもう全く機能していません。20世紀までは資本を集約し、効率的にたくさんのモノを作ることによって物質的に豊かになり、概ね多くの人が幸せになれていましたが、そんな時代は終わりました。しかし、集約し続ける仕組みだけが機能し、世界中の企業が利益と称して、労働者を安く使い、消費者(=労働者)に高く売りつけ続けています。上がった利益は株主のものとなり、世界でわずか1%の富裕層が80%の富を握り、常に10億人近くの人が餓死寸前に追い込まれています。こんな馬鹿げた仕組みが何故続くのでしょう?恐らく多くの人がおかしいと思いながらも、その中で頑張って真面目に働き続けるからです。そこから一人でも多くの人が抜け出すには、自分がその一人になることです。もちろん、大勢に逆らうのは難しいことですし、それですぐに変わることはありません。しかし、簡単に変わらない大きな仕組みだからこそ、そしてほとんどの人がそうできない状況だからこそ、できる人が強い意志をもってそうすることが小さな変化を作り、それがやがて広がっていくのです。しかし、大事なことはその先のことではなく、今あなたがこの仕組みをおかしいと感じるかどうかです。そしてそれに対してどうしたいと思うか。我々がすべきことは、シンプルにそれに従うだけなのです。多くの人がそうすれば、我々がこの馬鹿げた仕組みから卒業する日もいずれ来るでしょう。




最新記事

すべて表示

理念

大西つねきの理念はただ一つ、「真の自由」です。 人が自由に考え、自由に行動する。当たり前のことのようですが、そうではありません。人はあらゆるルール、常識、思い込みに捉われて生きています。その全ては人間が考えた概念に過ぎず、自然界には存在しないものです。今までは必要だったものかもしれませんが、大西つねきは、いずれ人類の精神性が高まっていけば、究極的に国も法律も常識もいらない、より自然で調和的な世界が

政策

大西つねきの政策は、10年以上前に政治活動を始めてからほとんど変わっていません。まずは全ての問題の根源にある「お金の発行の仕組み」を根本的に変えることに尽きます。もちろん、そこから派生して財政問題は一気に解決し、やれることの可能性も大きく広がり、あらゆる政策が考えられますが、今はもうその時代ではないのかもしれません。どうすればいいか、どうすれば人々が幸せになるかという三次元的な成否を求める時代はも

コメント


bottom of page