top of page

インフラを全て再公営化

更新日:2023年8月26日

 日本のインフラはほとんど民営化されましたが、これは大きな間違いです。国民の生活に必要なインフラは国営/公営が当たり前であり、営利事業にすべきではありません。今の資本主義経済で営利事業にすれば、当然利用料は高くなり、給料は安くなります。その差額が利益だからです。逆に公営のインフラ事業は赤字でも潰れませんし、その分利用料は安くなります。そしてインフラが安くなれば、国民は活動しやすくなります。日本は対外純資産世界一、つまり世界一稼いでいる国ですから、インフラはある程度無料でも構いません。特に交通費は一定金額までは無料、高速道路も無料にすべきです。国民が動いて色んな体験をし、交流することで国の生産性は上がります。自分の人生の大事な時間を使ってアクティブに動く人たちをサポートせずに、一体どうやって生産性を上げるというのでしょう?国の最大の資産は国民の時間と労力であり、それを最大限活かす以外ないのに。そろそろ目先の小さな収支に囚われず、全体を俯瞰して本質から考えて行動すべきです。

最新記事

すべて表示

理念

大西つねきの理念はただ一つ、「真の自由」です。 人が自由に考え、自由に行動する。当たり前のことのようですが、そうではありません。人はあらゆるルール、常識、思い込みに捉われて生きています。その全ては人間が考えた概念に過ぎず、自然界には存在しないものです。今までは必要だったものかもしれませんが、大西つねきは、いずれ人類の精神性が高まっていけば、究極的に国も法律も常識もいらない、より自然で調和的な世界が

政策

大西つねきの政策は、10年以上前に政治活動を始めてからほとんど変わっていません。まずは全ての問題の根源にある「お金の発行の仕組み」を根本的に変えることに尽きます。もちろん、そこから派生して財政問題は一気に解決し、やれることの可能性も大きく広がり、あらゆる政策が考えられますが、今はもうその時代ではないのかもしれません。どうすればいいか、どうすれば人々が幸せになるかという三次元的な成否を求める時代はも

Comments


bottom of page