Return to site

消費税はゼロが当たり前(6)~格差拡大的であり得ない

· 消費税はゼロが当たり前

皆さん、こんにちは。大西つねきです。お送りしております「消費税はゼロが当たり前」シリーズ、今回第6回目ですね。今回第6回目は「格差拡大的であり得ない」という、そういったお話をしたいと思います。

消費税っていうのは一般的には消費者からいただくと。業者が仮受消費税というかたちで消費税をまず受けて、今度、仮払消費税っていうのがあるんですね。仕入れに払った消費税とかっていうの、その仮払消費税を引いて差し引き払うというかたちになっていて、基本的には消費者が負担するってかたちになってますが、実際に誰が負担するかっていうのは、名目上はそうなってるんですけど、実際、通常の取引の中に全部組み込まれるわけですね。そうすると、通常の取引の力関係が結構ものを言ってきます。例えば、消費税上げました、消費者が払います。ただ、例えば店をやってる人が消費者にそれを直接転化できるかというと、なかなか難しい話だったりするんですね。特に、例えば、僕も飲食店をやっていたことがあるんでよくわかるんですが、当然、売り上げがなかなか厳しくなって、それから、デフレで値段が基本的に下がる。その流れの中で消費税を上げるっていうと、それはもう当然値上げになりますね。そうすると売り上げが落ちるっていう恐怖がありますので、それを本当にそのとおり転化できるのかどうかということがあります。それから、例えば大手業者に下請けとして納入してる業者が、もちろん大手業者も、最終的に消費税を上げるとなると消費者に対する値上げになるので、そのぶん何とか、例えば、上げないっていう選択肢じゃないかもしれませんが、品質をもうちょっとよくして、その消費税増税ぶんに見合うだけの、何とか買ってもらおうとして、値段を抑えたいがために、今度、下請けのほうにプレッシャーをかけてくる。結局、普段の取引関係の中で弱いほうがそれを譲りがちというか、のみがちになるという、そういう側面があります。その結果、結局、基本的には通常の取引の力関係が結構ものを言ってくると。もちろん、消費税を上げる、それを弱いとこに転化しないようにっていう、いろんな行政の配慮があったりもするんですが、やっぱり現実的には、そういった力関係がものを言ってくるっていうのが一つあります。例えて言うと、これはみんなが公平に払ってるように見えて、結局、一つのずだ袋の中に硬いものも柔らかいものも含めてもう一気に放り込んで、上から押しつぶすような税制であると。結局、柔らかいもの、経済的に立場が弱い人たちがそれを負担するかたちになってしまうっていうのが消費税の実態だと思います。

それからもう一つ。消費税っていうのはそういった意味で言うと、どの柔らかいものっていうか、立場の弱い人にかかってくるかというと、基本的に消費税っていうのは付加価値税なんですね。付加価値税っていうのは何かというと、先ほども説明したみたいに、仮受消費税から仮払消費税を引いたものを払います。つまり、例えば僕、ピザ屋をやっていたことあるんですが、ピザ屋の場合はピザを売りますと。そのピザに消費税をかけて、例えば1000円のピザだったら、今までだったら1080円いただいて、80円ぶんの消費税をいただいてるわけですね。その1000円のピザを作るのに、例えば原価が3割だったとすると300円払うわけですね。それに対して8%がつくと、「3×8(さんぱ)」24円払うわけですね。80円仮受けでいただいて、24円支払った残りの56円を消費税として納めるわけなんですね。その56円って結局何かというと、仕入れじゃない部分。つまり人を雇って、人件費の部分が結構一番おっきいんですけども、要するに、そのぶん付加価値をつけてるわけですね。人に人件費を払って働いてもらうことによって、ピザ生地っていう、小麦粉の状態からピザにするという、そういったことをやるんですけど。結局税金はどこにかかってるかって、その付加価値の部分。56円っていうのは付加価値の部分。その付加価値っていうのは誰が作ってるかっていうと、人が作ります。労働者が。それこそピザ職人が、それからシェフが作ります。消費税って結局どこにかかってくるかというと、要するに付加価値を生み出すところ、人にかかってくるんですね。要するに人に税金がかかっていく。要するに人が付加価値を作り出す。経済って全部そうやってできてるじゃないですか。人が働いて価値を作り出す。そこに税金がかかるってことは、結局、人が付加価値を作り出すことに税金をかける。その罰則っていうか、ペナルティをかけるみたいな考え方になってしまうんですね。要するに、例えば、付加価値がおっきい業者ほど、単なる仕入れを、物販みたいに1000円のものを800円で仕入れて1000円で売るっていう、人の価値を、付加価値をあまり作らないような業種のほうが結構、納税額っていうのは少なくなるんですね。逆に、頑張って消費税を払わなきゃいけない、例えば、800円で仕入れて1000円で売るっていうのは、仮受消費税が80円に対して、800円で仕入れるので64円ですね。だから、80円仮受けで64円仮払いなんで、差し引き16円だけ納税すればいいんですね。同じ1000円のものを売ったとしても。要するに、付加価値を生み出す、人を雇って、いろんな、たくさんの付加価値を生み出す業者ほど、頑張って消費者からいただかないと、従業員たちの給料を払えなくなるし、払いづらくなるし。要するに何を言ってるかというと、結局その消費税ってどこにかかってくるかっていうと、付加価値を作り出す人にかかってくるっていうことになるんですよ。そうすると、やっぱり労働者が、さっき言った、おっきなずだ袋の中に硬いもんも柔らかいもんも放り込んで、一気に押しつぶす税制みたいな、消費税みたいな税制は、結局、柔らかいもの、柔らかいものっていうのは基本的に人なんですよ。人にかかってくる。

例えば、仮受け、仮払い。で、その差額が付加価値。その付加価値っていうのは基本的に従業員に払うぶんにかかってくるっていうふうに考えたときに、だから、例えば消費税が導入されたときに大手のメーカーとかが何をしたかというと、労働者たちを切って派遣に切り替えた。派遣に切り替えると、労働力っていうのは派遣業者から買うわけですね。だから、そこに同じ人たちを、例えば同じ時間の労働力を買ったとしても、自前で雇う場合はそこにそのまんま消費税がかかる、課税対象になるのに対して、派遣にした瞬間にそれは仕入れになるんで、派遣業者に消費税を払ってる。仮払消費税が大きくなるんで、そこにかかる消費税を払わなくて、納税しなくて済むようになるんですね。もちろん、そのぶん派遣業者に払ってるからという、そういうふうに論理的には確かに片はつくんですけど、でも本当にそうやって払うかというと、これもまた、おっきなメーカーとかが派遣業者に対して、そのぶん、取引関係の強みを使って、もし消費税ぶん負けさせるようなことがあると、それは結局どこにいくかっていうと、その付加価値を生み出してる労働者たちにいくんですね。そういった意味で言うと、本当に弱い者に対して知らず知らずのうちにかかっていく。それはもう調べようがないです。だから、実際にどうかっていうのは、一個一個の取引を細かく見ないともう結論は出せない問題なんですけども、これは真理の目というか、どういうふうに人が自分の利益を最大化するためにそれぞれが動くかっていうふうに考えたら、おそらく間違いなく弱い人たちのところにしわ寄せがいく、そういった税制であることは多分間違いないんだと思います。だから、「格差拡大的であり得ない」っていうのはそういう意味です。この世っていうのは要するに人の付加価値で成り立ってるわけですね。みんなが何か価値を作り出して、それで成り立ってる。そこに税金をかけるようなおかしな税制、消費税みたいな税金っていうのは本当に絶対にあってはいけないし、ゼロが当たり前です。

今回、6回シリーズで皆さんにお話ししてきました。それぞれのポイントを、多分、皆さん納得できる部分、できない部分もあるかもしれません。ただ、僕はやっぱりすべてを本質的に考えて、この税制は本当におかしいと確信してますし、消費税はもう上げるか上げないか以前の問題として、ゼロが当たり前です。もうもちろんこれはれいわ新選組の政策として、前回の参議院選挙で消費税は廃止って言ってます。絶対的に正しい政策です。もうこれを減税とか言っている野党も含めて、すべての政治家はおそらく本当にやるべきことをやってない、言うべきことを言ってないというふうに確信してます。消費税はゼロが当たり前。ですから、それを唯一言っているれいわ新選組、もうそういった意味で言うと、一番正しい政策を主張してるというふうに確信していますし、そう思っていただける多くの人たちの力をお借りして、こういうおかしな考えを今の議論から駆逐していかなきゃいけないと思います。ですから、皆さんの力をお借りして、もし、私が今回作った6回シリーズの動画、いいと思ったらどんどん拡散していただいて、多くの人たちの考えを、いまだに消費税仕方ないと思ってる人たちの考えを変えていってほしいと思います。ということで、れいわ新選組の大西つねきでした。「消費税はゼロが当たり前」シリーズ、これで終わりにしたいと思います。また今後もいろんな動画を作っていきたいと思いますので、皆さんの周知、拡散をよろしくお願いします。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK