Return to site

消費税はゼロが当たり前(5)〜時代遅れ過ぎてあり得ない

· 消費税はゼロが当たり前

皆さん、こんにちは。大西つねきです。お送りしております「消費税はゼロが当たり前」シリーズ、第5回目です。今回皆さんにお話ししたいのは、「時代遅れ過ぎてあり得ない」っていう話をしたいと思います。何が時代遅れすぎるのか。そもそも税金を集めなきゃいけないとか、あと、税金だけじゃないんですね。これは、例えば年金は最初に集めなきゃいけないとか、貯金をしなければいけないとか。今まで昭和の時代当たり前とされていた、要するに『アリとキリギリス』で言うところのアリの考え方。先に何かをためて、お金をためなきゃいけないっていう考え方が、実はとっても時代遅れだという話をしたいと思います。

何でもともとそういうふうになっていたのかというと、これ、昭和の時代、特に戦後復興からきている、多分、我々の思い込みなんだと思うんですよ。基本的に戦争に負けた我々っていうのは、国土が焼け野原になってしまっていて、その頃っていうのは圧倒的に需要が大きかったんですね。ものがない時代だったんで、ものが欲しいという、もうすごい多くの、たくさんの旺盛な需要があって、それに対して国土が焼け野原っていうことは、生産能力、供給力が圧倒的に低かったんですね。ですから何をしたかというと、最初の頃、多分、欲しがりません勝つまではみたいな、まあそれは戦争中のあれか。でも、そのあとも結局、要するに、国民一丸となって一生懸命、我慢しながら働いたわけですね。それによって何をするかというと、働いて生産能力を、供給能力をいかに高めるか。みんながものが欲しかったわけだから、需要が旺盛だったわけなんで。その時代には、例えば、税金を集めますとか年金を集めます。それから、みんなが貯金をします。要するに、今ある欲望、欲求、需要をちょっと抑えて我慢して、お金をみんなが払って集めることによって、その皆さんの購買能力を一旦絞るわけですね。で、集めたお金を大規模に投資します。国家がそうやって壊れた状態だったんで、例えば、橋とか港湾とか鉄道とか道路とか空港とか、国のインフラをどんどんどんどん、また、工場とかももちろん全部そうですね。そういう生産能力を高めるためのインフラに大規模投資をしてった。それをやることによって民間の生産性が劇的に上がって、そうすると、生産能力、供給能力が上がって、もともとあった皆さんの旺盛な需要を満たすことができる。だから、一旦みんなが我慢をして、お金を集めて、貯金をして、それを大規模に投資することによって、結局、みんなのところにそれが返ってきたっていう、そういういい循環があったのが、多分、昭和の時代ですね。その頃にはお金を集めるっていうのは、多分、善だった。貯金をするっていうのは、多分、いいことだった。みんなのためになったんだと思うんですけれども、それをずーっとやり続けた結果何が起きたかというと、今度、日本が国家として成熟して、インフラもできました、新幹線もできました、今さら、多分、リニアモーターカーとか要らないと思うんですけど、空港も道路もみんなできて、生産能力はばっちりだと。もうものすごいおっきな生産能力を持ってる。

に対して、今度は、そういう今までの考え方、税金を集めるとか年金を集めるとか、それから、資本主義っていう考え方も、結局、資本家が利益を挙げる。要するに、労働者から余計にもらって、労働者を安く使って、資本家が集めた利益を昔は再投資して、さらに多くのものをたくさん効率的に作ったら、それが結局みんなのところに行き渡って、皆さんが幸せになる時代があったから、その資本主義っていう仕組みも、多分、肯定され続けてきたんだと思うんですけれども、それをずーっと長年やり続けた結果、もうひたすら皆さんを安く使って高く売りつけるってことをやり続けた結果、もう労働者イコール消費者ですから、その人たちの購買力を奪い続けてしまって、格差がどんどんどんどん拡大してしまっていて。だから結局、今度はいくら作っても売れない状況が起きているんですね。それから、年金とか税金もそうなんですけども、結局、ずーっとそうやって皆さんを締めつけることをやって、1カ所に集めて投資するみたいなことをやり続けた結果、もはや、今、そのお金の使い道、集めたお金の使い道も結局わかんないわけですね。何に投資したらみんなが幸せになるのか。昔はそうやって投資して生産力さえ上げればよかったものが、そうじゃなくなってしまっていて、今度、皆さんの力を奪い続けてしまっている。だから、もう今の時代、発想を全く逆にしなきゃいけないんですよ。だから、お金を集めちゃいけないんです。税金は取っちゃいけない、年金を集めちゃいけない、貯金はしちゃいけません。逆にお金を、むしろ、もうばっと、がさっと皆さんに配ることによって、どうやって需要を上げてったかという、そういう、全く、要するに今までサプライサイド、供給サイドの経済だったものを、完全に需要サイドの考え方の経済に変えなければいけないときに、いまだに同じことをやり続けている。

だから消費税なんて、そういった意味で言うと最悪の税制です。皆さんから、要するに、消費するたんびにお金なんか取ってしまったら、消費落ち込むに決まってるじゃないですか。こんなの、多分、誰でもわかります。小学生でももうわかりますよね、簡単な話なんで。それをなぜか今までの考え方の呪縛に従って、それこそ、最初に税金を集めないと使えないと、税金を集めないとお金がないから使えないって、それは年貢米の発想です。年貢米は集めないとないですから、最初にね。ただ、お金っていうのは別に集めなくたって、今までこの五十数年間、もうこの動画の最初のほうでも話したとおり、ずーっと、要するに、税収を上回る予算を組んできた。足りないぶんは借金でお金はいくらでも作れるわけですね。それをやり続けてきた。それがやれるにもかかわらず、お金を集めなきゃいけないという呪縛に従ってやり続けてると、今みたいなおかしなことになってしまう。だから、発想を根本的に転換しなければいけないときに、それができていない。だから、もうお金を最初に集めるという発想、それから、例えば資本家が利益を挙げて、それを再投資するとみんなが幸せになるという、その資本主義的な考え方そのもの、それから、年金も集めなきゃいけない、今度は年金が足んないと貯金しなきゃいけない、これも全部、結局、経済が停滞する話ですね。みんながお金を使わなくなると、結局そのぶん皆さんの活動が低下して、活動が低下すると、本来お金の裏づけになる実体価値が作られないってことになります。これは確実に国を貧しくします。

今やんなきゃいけないのは、もうお金が必要なんだったら、お金なんていくらでも作って皆さんにお金を渡して、そういう実際の価値、実体の価値を作ってもらう活動に皆さんの時間と労力をいかに使ってもらうか。結局、人の労力とか時間っていうのは有限なわけですから、生きている皆さんの本当に貴重な時間と労力をいかに最大に使ってもらうかというのが国家経営の本質なのにもかかわらず、その国家経営のいろはすらわかってない人たちがこの国を動かし続けているから、消費税を上げなければいけないとか、税金を、税収を最初に、もうもっと言うと、税金を集めなければいけないっていう、そういう本当に間違った考えのもとに間違った国家経営をしてしまってるのが今の状況で、本当の意味で国を豊かにする、皆さんを豊かにするためには何をしたらいいかということをわかっている人たちに早く任せていただきたいと思います。そういった意味で、我々れいわ新選組、全く違う考えのもとに国を動かそうとしてます。ぜひこの話に納得がいったら、どんどんこういった動画を拡散していただいて、みんなが真実、本当のことを知ることによって、本当に我々は世の中をひっくり返せると思ってます。それを多くの人が望んでると思ってるんで、ぜひ皆さんご協力いただきたいと思います。れいわ新選組の大西つねきでした。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK