Return to site

消費税はゼロが当たり前(4)〜財政金融的にありえない(後編)

· 消費税はゼロが当たり前

皆さん、こんにちは。大西つねきです。「消費税はゼロが当たり前」シリーズ、今回第4回目、「財政金融的にあり得ない(後編)」です。前編、後編で終わるかなと思ったら終わらずに、前回中編というかたちで、今回後編、3回目ですね。全体としては4回目、「財政金融的にあり得ない」としては3回目、そのポイントでは3回目ということになります。

前回何を説明したかというと、今のお金の発行の仕組み、最も根本的なこととして、今、信用創造という、現代のお金っていうのは借金で作っている。その借金にもお金にももちろん金利がかかることによって、お金と借金がずーっと、もう無限に、永遠に増え続けないと回らない、これは巨大な自転車操業の仕組みだという説明をしました。これ続くのかっていう、そういう疑問を前回呈したと思うんですが、続くはずがないんですよ。皆さんもちょっと考えていただければわかると思います。そもそもお金っていうのは、実は何の意味もないもんですね。ただ、それを交換するための媒介物でしかなくて、そうやって借金でお金を作ってるってことは、もう今、ほぼほぼ紙幣ですらないんですね。ただの数字でしかない。で、意味があるのかというと、もう概念でしかなくて、別に何の意味もなくて。実際に何が意味があるかっていうと、それで交換できる実体価値こそが意味があって、お金だけ増え続けても意味がないわけですね。だけど、お金が無限に増え続けるのと同じように実体価値が増え続けられるかというと、そんなはずがないじゃないですか。地球が1個しかないのに、お金と借金が無限に、数学的に増え続けるのに合わせるようにして実体価値を増やし続けると、地球が1個しかない中でそんなことをやり続ければ、当然、資源が枯渇して、もちろん人間だって、そんなに無限に作り続けて売り続けるなんてことができるはずがないんですね。ですから、必ず止まります。実際にもうそれは止まってしまってるんですね。

それはこの30年のデータを見ると一発でわかります。これ、よく講演会でも見せていますが、まず皆さん、このグラフご覧いただきたいんですが、これは1980年から2018年までのグラフです。この青い線は何かというと、前回、前々回、説明してますマネーストックM2。要するに、日本中の現金、預貯金合わせて全部でいくらあるの?日本にお金は、円はいくらあるの?っていう、そういうデータがこのマネーストックM2です。これは1980年には200兆足らずだったものが、2018年には1000兆を超えてます。つまり前回言ったとおり、お金と借金は永遠に、無限に増え続けるってそのとおりのことが、実は1980年から2018年の間で起きてるんですね。真っすぐ右肩上がりでお金は増え続けています。じゃあ、このお金どうやって作ってるかというと、これはもちろん前回も説明したとおり、現代のお金っていうのは誰かの借金として発行されてます。ですから、このお金を作ったのは借金です。それはこの緑の線。この緑の線は何かというと、日本の銀行の民間に対する貸し出しの残高です。この左のほう、1980年から1990年ぐらいを見ていただくとわかるとおり、緑の線と青い線が並行して上がってますね。これは当たり前の話なんですね。何でかっていうと、借金でお金を作るわけですから、借金が増えるのと並行してお金が増えてくのは当たり前の話なんですね。これはもちろん正常な平常運転の話です。ただ前回も疑問を呈したように、これがずーっと続くのかというと、続くはずがないんですよ。お金と借金を無限に増やし続けようにも、結局、それをやるためには銀行がずーっと借金を増やし続けなきゃいけないんですが、誰にそんなに貸し続けることができるのかって話ですね。日本人の人口、ほぼ1億3000万から頭打ちでほとんど増えていません。同じ人たちに対して借金とお金を無限に、永遠に増やし続けられるかというと、そんなことができるはずがないんです。誰がそんなに借りたいんだ?と、誰にそんな貸せばいいんだ?って話ですね。当然、もちろんお金には意味がなくて、それに対応する価値をどんどん作って売り続けないと、お金だけ増えても意味がないですね。ただ、それをやり続けるためには無限の経済成長が必要になりますが、そんなことも続くはずがありません。

実際にどうなったかというと、このオレンジの線、これが日本のGDPの数字なんですけど、ほぼほぼ横ばいになって、経済成長止まってしまっています。そうすると、もちろん日本の銀行というのは貸す相手を見つけられない、借りたい人もそんないないわけですから、貸し出しが実は一時的にかなり減ってるんですね。これはバブルが崩壊してから、日本の銀行が不良債権処理をして、それから、貸し渋りをして、貸しはがしをします。そうやってお金を貸さなくなると、毎月返してるぶんお金は減ってきますから、新たな貸し出しが増えなければお金は減ってきます。だから、実際日本の銀行の貸し出しが減ったぶんお金が減っているはずなんですが、実際にお金減ってないですね。この青い線を見ると、真っすぐ右肩上がりで増えていってます。お金っていうのは結局、誰かが借金をしないと発行されない仕組みですから、じゃあ誰かが借金をしたんだっていうことになります。誰が借金をしたのかというと、それがこの赤い線。その答えがこの赤い線。これは日本の政府の国債の残高です。まさにこの緑の線が青い線を支えきれなくなってから、これ必ず支えきれなくなります。いくら民間銀行だからって、貸し続けるわけにはいかないわけですね。それが無理になってから、今度急激に上がってるのがこの赤い線。日本の政府が借金をしてお金を発行し続けてきた。その方法は、「財政金融的にあり得ない」の第1回目、前編で説明したとおり、政府が税収以上の予算を組んで、その借金ぶんを、その国債を、政府の借用書を銀行に買わせることによって新しいお金を作り出して、あのとき説明したのは、50兆の税収に対して70兆の予算を組んで、20兆円ぶん政府の借用書を銀行に買わせて、で、新しいお金を20兆作って、合計70兆使うことによって、50兆税収、最初、皆さんのお金が減ったあとに、70兆皆さんのとこに戻ってくるというかたちで、皆さんの預金を増やし続ける。その20兆の皆さんのお金が増えるぶんと、政府の借金の20兆が同じ金額なのは偶然でも何でもなくて、政府が借金をしてお金を作って皆さんに渡し続けてきた。それがこのグラフで見ると、まさにこの2000年代に入ってから、この赤い線と青い線が並行して上がってますよね。これは政府が借金で皆さんのお金を作ってきたという、その証拠です。

つまり何を意味してるかというと、結局、政府の借金で皆さんのお金を作ったということは、今度は、じゃあ政府の借金を返したら何が起こるかって話ですね。これは簡単です。政府の借金が900兆ぐらいで、皆さんのお金が1000兆ぐらいしかないわけですから、900兆の政府の借金を返すために税金がいくら必要かというと、900兆の税金が必要なわけですね。皆さんのお金が1000兆しかない中から900兆の税金を取ってしまったら、皆さんのお金はほとんど消えてしまうっていうことになります。ですから、政府の借金のグラフの赤い線がゼロまでなくなるということは、青い線も道連れに、皆さんのお金もそのぶん消えてしまうということになります。ですから、政府の借金を税金で返すなんていうことはもとより、その考え方は全くもう既に存在しない、あり得ない選択肢だということです。ですから、財務省が言っている、政府の借金が大変だから税金を上げなければいけない、だから、消費税の根拠になっている、税収が足りないからっていう、その考えはそもそも全く間違っていて、もし本気で政府の借金を税金で返そうものなら、皆さんのお金はほぼなくなってしまうということです。ですから、プライマリーバランスみたいな考え方も財務省がずっと言っていますが、あり得ないんです。プライマリーバランスを達成してしまうと何が起きるかというと、お金と借金が増え続けなければいけない今の金融システムの中で、必ず民間銀行の民間に対する貸し出しっていうのはもう頭打ちになります。無限にお金と借金を、いくら民間だからといって増やし続けるわけにはいかないんですね。ですから、最終的に政府が借金をしてお金を発行し続けなければ、今の金融システムは成り立たないんだって話です。

ですから、結局、もう最近になってMMT(現代貨幣理論)みたいなものが出てきたのは何かというと、この状況を見れば、この仕組みを理解すると、当然、最終的にはどの国でもお金と借金、政府が借金をし続けてお金を発行し続けなければ、今の金融システムそのものが崩壊しますよっていうことを単に認めてるにすぎないのがMMTです。それでいいかっていうと全く別の話で、これを続ければいいっていう話には僕はならないと思ってます。少なくとも、でもMMTの一つの功罪の功の部分、功績っていうのは何かっていうと、今までの財政金融論がいかに根本的に間違っているかということを白日のもとにさらす、その効果があるんじゃないかというふうに思ってます。ですから、今回の「消費税はゼロが当たり前」、その根本にある考えの、政府の借金が大変だから税収を上げなければいけない、税金を上げなければいけない、消費税を上げなければいけない、その根拠が、そもそも考え方そのものが根本的に間違っている。財政金融的にそんなことはあり得ないっていう、それが最も大事なポイントです。これを理解すると、今の政府がやろうとしてること、それから、政府に押されてちゃんと反論できない野党も含めて、議論の土台がいかに脆弱かっていうことがわかっていただけると思います。ですから、消費税はゼロが当たり前です。なぜかというと、そもそもその根拠になっている、政府の借金が大変だから消費税を上げなければいけないっていう、その論拠が全くぐずぐずの、もう本当に土台ですらない、そういった論拠だということですね。ですから、消費税はゼロにできます。しなければいけないんです。そういう税金だということです。

ということで、「消費税はゼロが当たり前」シリーズ、第4回目ですね。次回もこの話また続けたいと思います。れいわ新選組の大西つねきでした。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK