Return to site

消費税はゼロが当たり前(3)〜財政金融的にありえない(中編)

· 消費税はゼロが当たり前

皆さん、こんにちは。大西つねきです。今回、第3回目ですね。「消費税はゼロが当たり前」シリーズ。第3回目は、前回に引き続き「財政金融的にあり得ない(後編)」です。前回、政府の借金で実は皆さんのお金を作ってきたという、そういう話をしました。これを理解するために、最も基本的なことを理解しなければいけないんですね。それは、現代のお金というのはどうやって作られているか、どうやって発行されているか、どうやって増えているかという、そういう話をしなければいけません。

お金っていうのは日銀が作ってるんだろうというふうに思ってる人が大抵です。お札には日銀って書いてありますから、そういうふうに思うのは当然なんですが、実際はそうじゃないんですね。現代のお金というのは信用創造という方法で発行されてます。お金は増えています。この信用創造っていうのはどういう仕組みかというと、これ、おさらいなんで、最も大事なとこなんで、改めて説明しますね。例えば、れいわ新選組の山本太郎代表が100万円をA銀行に預けに行ったとします。銀行っていうのは預かったお金を運用する仕事をしてますね。ただ、預かったお金全部、それを何かに運用していいわけじゃなくて、銀行っていうのは必ず預かったお金のうちの一部、預金準備制度っていうのがあって、預金準備率ぶんは必ず日銀に預けなきゃいけない仕組みになってます。ですから、100万円の預金を預かると、A銀行は、もし預金準備率が仮に1%だったとすると、そのうちの1%、1万円を日本銀行に預けて、残り99万円は誰かに貸していいという、そういう仕組みですね。仮に僕が、大西つねきがA銀行に99万円を借りに行ったとします。そうすると、必ずA銀行はそこに僕に口座を作らせます。何でかっていうと、僕が99万円を借りるときには、A銀行は僕の口座に99万円と実は書くだけなんですね。書いてきます、口座に。そうすると、僕の口座に99万円って書かれます。で、山本太郎代表の通帳にも100万円ってもともとの預金が書かれたまんまで、この時点で実は預金っていうのは、お金を銀行が僕に貸した瞬間に新たな99万円を作っちゃうんですね。199万円に預金が増えることになります。ただ僕の場合はこの99万円、あんまり、自分が借金をしてるんで、持ってる感じはしないかもしれませんが、これをB銀行の誰かに送金してしまえば、その99万円を受け取った人は、これがもともと僕の借金だったかどうかなんか知りませんから、純粋に自分の預金としてその99万円を認識します。そうすると晴れて、その人の預金通帳にある99万円と、もともとの山本太郎代表の100万円の預金、199万円の預金がこの世に存在することになるんですね。新たにこの99万円を預かったB銀行は、そのうちの1%、預金準備率ぶんの9900円を日銀に預けて、残り98万100円をまた誰かに貸すことができます。これ、貸すとまた同じことが起きます。借りた人の通帳に、新たに98万100円と書き込まれるだけですね。それを借りた人がC銀行の誰かに送金してしまえば、これを受け取った人は、それがもともと誰の借金だったかなんか知る由もないですね。純粋に自分のお金としてその98万100円を認識します。この瞬間に、もともとの100万円の太郎代表の預金はそのまんまですし、僕が99万円を送金した相手、その人もお金動かしてないです。預金通帳にそれは書かれたままです。で、新たに98万100円を受け取った人も、自分の預金通帳にそれが書かれるので、実際にこの段階でほぼ300万円の預金が存在することになります。こうやってまたC銀行は新たな98万100円を預かってるんで、そのうちの1%の9801円を日銀に預けて、残り97万299円を誰かに貸すことができる。これをぐるぐるぐるぐるやってると、だんだん貸せる金額は減ってきますけれども、もともとの100万円の現預金、割ることの0.01、預金準備率ぶんのね、0.01、イコール、最大1億円まで現預金の100万円から作り出すことができる。これがいわゆる信用創造という現代のお金の発行の仕組みです。

こうやって実は皆さんの預金は、お金は増え続けていて、今や日本国中で、いわゆるマネーストックM2っていうんですけど、日本中の現金、預貯金、全部合わせると1000兆円以上になってますということですね。これが何を意味するかというと、結局、皆さんがお金だと思ってるのは実はお金とかではなくて、誰かが借金をしたその数字がぐるぐるぐるぐる回ってきて、自分の預金通帳にその数字を書き込んでるだけだっていうことです。ですから、実際に日本中の現金を合わせても、お札を全部合わせても100兆ぐらいにしかならないんですね。ですから、みんなが自分の預金、1000兆円以上あるお金を下ろしに行ったときに何が起きるかというと、そんなにお金はありませんよと言われます。もうそれは取りつけ騒ぎになっちゃいます。そもそも存在しないんです。存在しないところに、銀行が誰かにお金を貸すときにその数字を作り出して、それがぐるぐるぐるぐる回って、皆さんは1000兆円以上も持ってるというふうに思ってるだけの話で、実際に何を持ってるかというと、何も持ってないです。ただ誰かが借りた借金が数字として自分の預金通帳に載ってるだけの話ですね。

これが何を意味するかというと、こうやってほとんどすべてのお金は借金で作られてるってこと、イコール、借金を返すと今度はお金が消えるっていう話になります。つまり、僕が最初の99万円、借りたときには99万円、預金通帳に書かれますが、これ返せないかもしれないと思って、即座に99万円を返したとしますよね。そうすると、借りた瞬間に自分の預金通帳に99万円書き込まれますが、返した瞬間に、今度、99万円のお金と自分の借金を相殺して消すことになります。だから、お金を借りればお金を作り出して、それをもちろん使う権利もありますが、お金を返してしまうと、お金と借金を相殺して消してしまうということです。これはすぐ返しても1年後に返しても同じです。僕はその99万円何とか借りきって、それを使っちゃったとします。1年ローンだったとします。そうすると、1年後には99万円を世の中から集めて返さないと大変なことになってしまいますから、それをやりますね。そうすると、1年後に僕は世の中から99万円を集めて、自分の借金99万円と相殺して、99万円を世の中から消すことになります。これは、すぐに返せば自分の預金通帳にある99万円を消すことになりますし、1年後にやれば、世の中から99万円を集めて消すことになります。これ、いずれも同じことですね。お金を借りたときにはお金を作りますけれども、お金を返した瞬間にお金は消えるっていう、そういう仕組みです。ですから、みんながお金を返してしまえば、お金は消えてしまうという、今の金融システムっていうのはそういう仕組みになっています。ですから、お金を、実は返すことは許されない仕組みなんですね。みんながお金を返してしまったら、お金が消えてしまう仕組みなんですから。しかし、だからといって、お金はもちろん毎月、借りた人は返させられますね。もちろん銀行は、お金を返しちゃうとお金が消えちゃうから返せませんって言ったって承知しません。もちろん毎月返しますね。みんながお金を毎月返すことになります。そのぶん、お金っていうのは実は消えてるんですね。

だけど何でお金がなくならないかというと、結局、誰かがお金を返してお金を消したぶん、またほかの誰かが借金をしてお金を作ってるから、実はこの金融システムっていうのは維持できてるんですね。ですから、これは巨大な自転車操業です。お金を返す傍ら誰かがお金を借り続けるってことをずっとやり続けないといけない。しかも問題は、お金を借りた元本だけ返せばいいんじゃないんですね。僕は99万円を借りたら、1年後に99万円だけ返せばいいんじゃなくて、もし5%の利息がついたとすると、1年後には104万円ぐらい返さなきゃいけないってことですね。104万円世の中から集めて返すってことになります。消してしまうってことになりますね。そうすると、みんなが自分が借りた元本以上のお金を集めて返そうとしますから、これ何が起きるかというと、お金が足んなくなっちゃうんですよ。みんなが自分の元本で作った、元本でお金は作られてます。それ以上のお金をみんなが集めようとするとお金が足りなくなる。だから、これは巨大な椅子取りゲームになるんですね。それを回すためには、さらにその金利ぶんも含めた新しいお金を借金として誰かが作んないといけない。ですから、これは借金とお金が永遠に、無限に増え続ける仕組みだということです。それが続くのかというと、もちろん続くはずがないんですね。

実際どうなったかという、その説明はまた次回したいと思います。結局、今の金融システムっていうのは、借金でお金を作るという仕組み。ですから、お金と借金が金利で増え続ける。永遠に、無限に増え続けなければ回らない、巨大な自転車操業だということ。それが続くのかどうなのか、実際どうなったのかっていうことは次回。すいません。前編、後編でも終わらずに、「財政金融的にあり得ない」第3回目ですね。(笑)。前編、後編、さらにその後々編っていうかたちで、次回お話ししたいと思います。ということで、消費税はあってはならない、「消費税はゼロが当たり前」シリーズ。3回目は「財政金融的にあり得ない」。これは後編じゃなくて中編ですね。後編は次回またお送りしたいと思います。れいわ新選組の大西つねきでした。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK